教育方針、特色

ごあいさつ


今日の日本の教育理想は、世界の国々の共存共栄のために努力することのできる日本人を
育成することであると思っています。
日本の未来をになう幼い子どもたちに健康な身体と教養の素地を培っていかねばなりません。
それはこの幼い子どもたちが手をつなぎあって
平和な世界と立派な文化を作り上げてくれることを期待しているからです。
美術を愛し、音楽を楽しみ、美しい言葉を語り、作業をよろこび、
全ての創造物に対する愛情、健やかな社会性を身につけ健康に成長してくれることを願って、
保育活動の実践に努力しております。

初代理事長  松澤 マサ

 

教育目標

調和のとれた人格の形成を
唯一の最終目標としています。

教育方針

  • 心身の健康教育

    ・心身ともに健康で明るいこども
    ・運動欲求に応じ発達を促進
    ・生活の基礎を養う
    ・豊かな心を育てる
     
  • 個性を伸ばす教育

    ・幼児一人一人の個性を伸ばし、創造性豊かに
    ・相手の個性を尊重する
     
     
     
  • 自然とともにある教育

    ・自然と親しむ
    ・科学する心、自然を大切にする心を養う。
  • 国際社会人としての基礎教育

    ・日本の生活習慣の基礎を身に付ける
    ・日本の文化に触れる
    ・国や文化、生活習慣の違いを理解する。

特色

  • 体操(年中、年長)

    週一回、専任の男性講師による
    体操指導を行っています。

  • 英語(年中、年長)

    月二回程度、外国人教師による
    英語遊びを行っています

  • ダンス(全学年)

    年6回程度、専門講師のもと、
    音楽に親しみながら体を動かしています。

  • スイミング(年中、年長)

    幼児の健やかな身体の発達を助けるため
    月一回、スイミングスクールへ行き、
    専門講師の指導を実施しています。

  • お茶作法(年長)

    伝統文化の茶道に親しみ、作法を学びます。

  • 貸出図書

    週一回図書の貸し出しを行っています。